この夏にオススメの映画「天国の口、終りの楽園」

この夏にオススメの映画「天国の口、終りの楽園」

天国の口、終りの楽園
「ハリー・ポッター」シリーズ第三作「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」の監督として日本でも知られているアルフォンソ・キュアロン監督によるメキシコ映画。
二人の若者と一人の人妻の三人組が、「La boca del Cielo」(the mouth of the Paradise 天国の口)という海岸を目指して、メキシコシティから、南部のカリブ海沿岸をめざしていく道中を描いたロードムービー。
二人の若者の一人、フリオ役には、ガエル・ガルシア・ベルナル、もう一人のテノッチ役には、ディエゴ・ルナ。彼らは、将来何を目指すべきか見いだせず、自分の将来に何となく、不安を感じている。
そんなある日、パーティで、ヨーロッパに住む大人の魅力たっぷりな人妻に出会い、つい、口から出任せで、メキシコ には「天国の口」という誰も知らない海岸があるといってしまう。後日、それを真に受けた受けた人妻から、「天国の口」にいってみたいと連絡がある。
本当は、そんな海岸があるはずもないのに、とりあえず3人は、南部のカリブ海沿岸を目指すことに。。。道中の庶民的なレストラン、安ホテルなどさりげない風景を通じてメキシコの田舎のありのままの雰囲気が伝わってくる。
人妻も、二人の若者と同様、不安を抱えていた。癌の末期で、余命幾ばくものなかったのだ。道中の3人の奔放な快楽と、そして、ほろ苦い旅の結末。。。
甘く切ない青春時代を、ハリウッド映画や邦画とはひと味違った切り口で描いた青春映画だ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

return top