しあわせの隠れ場所

今日の映画レビュー.comでは「しあわせの隠れ場所」をご紹介します。

2009年のNFLドラフト1巡目でボルチモア・レイブンズに指名されて入団したマイケル・オアーのエピソードに基づくノンフィクション映画です。
家族と共に車で走行中、母のリー・アンは雨に打たれながら歩くマイケル・オアーを見つけ、家に連れて帰ります。リー・アンはマイケル・オアーが家庭崩壊で大変な状況を知り、家に迎え入れることに。マイケル・オアーは大柄ですが、心はとても優しくて、そのせいでいじめにあっていたこともありました。
そこでリー・アンはアメリカン・フットボールでマイケルの才能を開花させようと試みます。監督からは的に責められたときすぐに尻込みしてしまうマイケルを「立ち向かわないとダメだ。」と批判しますが、それを見ていたリー・アンが「あなたが家族を守ろうとするように、チームを家族だと思って守りなさい。」とアドバイスします。すると、マイケルはたちまち本領を発揮し、チームのエースとなっていき、次第に才能を開花させていくというストーリーですリー・アンがマイケル・オアーを家族のように迎え入れる心の温かさ、広さ。それに必死に答えようとするマイケル・オアーが次第に力を発揮していくところがとても感動的です。実話なのでなおさら感動してしまいます。

本日ご紹介させていただいた「しあわせの隠れ場所」ですが、家族や友人、カップルなど大切な人と是非一緒に見て欲しいお薦め映画でした。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

return top