じゅうぶんにスゴイ!「ハンガーゲーム2」

じゅうぶんにスゴイ!「ハンガーゲーム2」

アメリカはもちろんのこと、世界中で大ヒットを果たした映画「ハンガーゲーム」。
1作目を観た時「こんなに面白い映画は久々!」とばかりに、大興奮した私でしたが、意外にも日本国内では低評価なんですね。
「バトルロワイヤルのパクリ?」とまで言われてしまっているくらいで。

ストーリーは非常に簡単にいえば、某国の12の地区から選出された男女で「ハンガーゲーム」という殺し合いによって勝者を決めるというもの。
構成的にはバトルロワイヤルに似ていますが、物語の背景やスケールの大きさは全然比較になりません。

この映画のみどころは、ヒロインの強さ・美しさ・利発さ・繊細さ。
たしかにストーリー展開としては単純明快で、頭の良い日本の映画好きには物足りないかも知れません。
しかし、それを補ってあまりある迫力と人物描写がなされていると私には思えるのです。

「ハンガーゲーム2」は1作目で勝者となったヒロインが事実上の標的となるのですが、その意図は国家体制の在り方にまでかかわる壮大なテーマにあります。
賢く人間味あふれるヒロインが抱える苦悩が上手に描かれ、それを演じるジェニファー・ローレンスのことがますます好きになりました。
1作目に比べたら「2」はアクションシーンが少なかったように思いますが、ヒューマンドラマの要素も盛り込まれたこのシリーズは本当に面白いしスゴイ!と評価できます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

return top