アウトレイジ

最近見た映画を評価しちゃいます。
北野武監督の「アウトレイジ」です。

最近の邦画は恋愛ものが多くて見ることも少なかったのですが、
CMでのタイトルが、全員悪者、というタイトルで興味がすごく出たのを覚えています。
普段の役柄ではおっとりとした感じの役者さんや、イメージとはかけ離れた役者さんも悪者をしっかり演じられていて、
ただただ息を呑んで見入ってしまいました。

正義は一度も出てこないです。
本当に全員悪者で、CM通りでした。

ここまで悪者だらけだと逆に気持ちいいぐらいです。
何点か見るに耐えない映像があったのですが、
規制の厳しい現代社会できわどい映像を作っている辺りが
北野映画だなと思いました。

自分の評価は今年の邦画で1位です。
まず見たいと思った映画である事と、
実際に見てよかったと、一致したのがこの作品でした。

邦画で何も考えずに純粋に見入ってしまう映画を
久しぶりに見た気がします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

return top