ショーシャンクの空に

今日の映画レビュー.comでは『ショーシャンクの空に』をご紹介します。

主なあらすじは銀行員として働いていたアンディ・デュフレーンが
妻とその愛人を射殺したという冤罪でショーシャンク刑務所に投獄されてしまうというストーリーです。

この映画の見所はショーシャンク刑務所でのアンディの生活です。
最初は周りの犯罪者からいじめられたりしていましたが、
独特の人間性で信頼できる仲間もでき、刑務官にも気に入られます。
なかでも服役囚たちから「調達屋」と呼ばれているレッドと親しくなります。
アンディは彼からロックハンマーやスターたちのポスターなどを調達してもらっていました。
その頃からある計画を立て始めます。
アンディと仲がよかったブルックスという老人は刑務所内で図書館の係をしていました。
彼は仮釈放されたのですが、刑務所での生活に慣れてしまっていて
社会についていけず、間もなく自殺してしまいます。
そのブルックスの意思をつぎ、アンディは刑務所にいながらも
図書室の改造や銀行員ということを生かし、刑務官の税金の計算をしました。
ある日、新しく服役してきた若者の話で自分の妻とその愛人を
射殺した真犯人のことを聞きます。
そのことを刑務官に言ったのですが、彼はアンディを金儲けの道具にしていて
事実をなかったことにしました。
最終的には脱獄するのですがそれまでの緻密な計画が面白いです。


あまり詳しく言ってしまうとネタバレになってしまうのでここら辺にしたいと思います。

本日ご紹介させていただいた『ショーシャンクの空に』ですが、
『スッキリしたい方』『この映画が気になっている方』に
是非おすすめしたい映画でした。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

return top