スパルタンX

今日の映画レビュー.comでは、『スパルタンX』をご紹介します。

あらすじ・スペインのバルセロナでスパルタンXという車で飲食店を経営している
トーマスとディビット、しがない探偵モビーが、正体不明の男たちにさらわれたシルビアを助けるべく奮闘するアクション映画です。
サモハン・キン・ポー監督作品。

おなじみの3人、ジャッキー・チェン、ユン・ピョウ、サモハン・キン・ポー
が繰り広げる痛快コメディアクション映画。この3人が揃って出ていると、どんな場面でも自然と笑みがこぼれてきます。途中で流れる挿入歌が印象的ですね。
いつものあの感じの歌です。
ヒロインの女性がお人形さんみたいな整った顔です。モデルさんとかに近い感じですね。
やはりジャッキー・チェンということでアクション・アクション・アクションでしょう。
能書きはいらず楽しみましょう。
また舞台がバルセロナということも面白いですね。
昔見たときは気にせず見てたんですが、最近見直したとき、スペインのバルセロナが舞台だったのかと知って興味が湧きました。
東洋と西洋の交流だったわけですね、この映画は。
最後のシーンで、三人組が城みたいなところに乗り込んでいくわけですが、
ジャッキー・チェンが戦う男はアメリカの元空手王者だそうです。
たしかにすごくゴツゴツしてて強そうでした。
まあ、しかし映画の中ではジャッキー・チェンにはかなわないということで、倒されてしまうわけですが。このシーンがハイライトって感じですね。

本日ご紹介させていただいた『スパルタンX』ですが、『ストレス解消をしたい方』『とにかく楽しみたい方』に是非お勧めしたい映画でした。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

return top