ドラゴンタトゥーの女

ドラゴンタトゥーの女

今日の映画レビュー.comでは、デヴィッド・フィンチャー監督『ドラゴンタトゥーの女』をご紹介します。

あらすじは、スキャンダルを扱う雑誌『ミレニアム』の発行責任者である主人公ミカエル。彼は調査能力に優れた記者であるが、ある不正に対し追求しきる事ができず、逆にスキャンダルを暴こうとした実業家から名誉棄損で訴えられ、多額の負債を背負った上で『ミレニアム』を去る事になる。そんなミカエルに目を付けたのがすでに落ち目の大企業グループの前会長ヘンリック。彼はミカエルに40年前に姿を消した、ゆくゆくは自分の後継者にと思っていた孫娘の調査を依頼する。ミカエルは渋々ながらも、多額の報酬とスキャンダルを追っていた実業家に今度こそ決定的な証拠をヘンリックが渡すという条件をうけ、その失踪事件の調査を引き受ける事になる。

まずこの映画で一番印象的だったのはオープニングです。タールにまみれた女性が踊り狂うみたいな、何とも狂気にまみれつつも幻想的な映像はそれ単体で見ても楽しめます。よくよく考えると全く本編と関わりない。でもひたすら格好いい映像でした。このオープニングが凄すぎたせいで、メインである本編が霞むほどでした。ともかくこの映画は格好いい。この映画は原作小説付きで、有名なミステリーなのだけど、映画本編からあまりミステリー的な楽しさは乏しかったように思う。私の読解力と記憶力不足もあると思うが、謎解きのヒントや、解答のプロセスがよく分からなかった。しかし、その辺りを気にせずとも、ミカエルが一つ一つ調査を進めてゆく様子や、もう一人の主人公であるリズベットがいかに危機を脱出するかなどを見ているだけで十分に楽しめる。特別劇的な事をしているわけでない。格闘シーンがあるわけでも、銃撃シーンがあるわけでもないが、一つ一つのシーンがとてもスリリングで、見終わった後激しい映画を見た、という感じにさせられると思う。

本日ご紹介させていただいた『ドラゴンタトゥーの女』ですが、映画好きな人もそうでない人にもに是非お勧めしたい映画でした。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

return top