崖の上のポニョ

久しぶりの映画の評価ですが、実は宮崎駿の作品が大好きなんです。最近の宮崎駿の作品は、どれも絵がきれいでCGをたっぷり使っているイメージだったので、オープニングから「イラスト感」たっぷりのアナログなアニメに私は一気に引き込まれてしまいました。全て手で作り上げられている、最近にはない作りこんだというよりも書き込んだ、という細かい絵でした。観ているだけで「大変だ・・贅沢だ」と、不思議とリッチな気分になってしまうほどでした。それに加えてキャラクターが一人一人背景があり、可愛くて魅力的。色々実際あったら問題があるところもあるけれど、そこはファンタジーと思ってみれば大丈夫です。水の描き方が生き生きとしていて、独特の透明感が好きです。ただ、主人的には物足りなかったようです。最近の作品のような重みはありませんので・・。ただ、見る価値はあります。宮崎監督も、自分でもかなり好きな作品になったのでは、と勝手に思ってしまいました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

return top