戦争を忘れない為に…「永遠の0」

戦争を忘れない為に…「永遠の0」

お正月休みの1月2日に旦那様と久しぶりに映画に行きました。
何の映画を見るのかいろいろ悩みましたがCMや試写会の感想をテレビで放送されているのをみて『永遠の0』を見ることにしました。
絶対泣けるとの評判だったのでハンドタオル持参で久しぶりに感動して泣くぞーと旦那様に宣言して見ました。
現代から過去にストーリーが進み最後には現代に戻る。

自分のおじいちゃんの過去を振り返る内容でした。
特攻隊の話でしたが戦争映画だからか以前に見た『ヤマト』の内容と多々かぶる部分が・・・
『ヤマト』をもし、見ていなかったらかなりの感動があったとは思います。
でも、いろいろな部分で話が似ていたような…
戦争映画なので悲しい内容でもあり感動する内容でした。

でも、このように感じたのは私だけかと思ったら帰りの車で旦那様からも同じ意見が…
旦那様も感動を期待していただけにかなりがっかりしていました。
特攻隊という空を舞台にした戦争映画だったので内容が違うよっていう人もいるかもしれません。
でも、日本の戦争映画はかなりマンネリ化してきているのかもしれません。
内容的にも発展できる内容ではありません。

実際、今は戦争を経験した人も減ってきていて見ている私自身も戦争をしらない世代です。
絶対に戦争を起こしてはいけないのでもっともっと語りつがれなければない内容ですか…
難しさを感じました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

return top