映画『ドラえもん「のび太の鉄人兵団」 』の評価・感想

映画『ドラえもん「のび太の鉄人兵団」 』の評価・感想


映画といわれると洋画、邦画などの実写ばかりをあげられますが
ココ最近見た映画では私はこのタイトルが心にぐっときて頭から離れません
アニメで見る年代も限られてくるタイトルではありますが内容はその辺の映画に負けていないと思います
まず子供に判りやすいということで当然大人にもわかりやすいです
見ていてもあっという間に終わりまで見ることができ、そして見終わった後にしんみり出来るとても感動の余韻の長い映画です
この映画に描かれている友情、信頼、希望、絶望、差別、そして究極の自己犠牲
どれをとってもわかりやすく
そして心に素直に入り込んでくる、言いかえると素直だった子供のころに戻れる
そんな感覚さえおきてきます
普段よりもきつく結ばれるのび太と友達たちとの友情の絆
人間社会における差別
子供ながらの葛藤
世界を守ろうとする純粋な正義感
そしてすべてを正しい方向へもっていくための自己犠牲
この映画をみればきっとだれもがもっていた正しい心が思い出されるのではないでしょうか
私はそう信じたいです
子供と一緒にこの映画を見て、泣き、そして最後によかったねとふんわり笑いあえる
心豊かな大人へと育たせることのできる映画だと感じました
これを世界中の大人が
とくに国を背負って導いていくリーダー的存在の方々がみたならきっと心動き世界も平和になるのではないでしょうか
ぜひアニメだ漫画だとバカにしないで
大人にこそ見ていただきたいタイトルだと思います。

予告はこちら↓
http://youtu.be/0oLPTdEqKA4

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

return top