阪急電車

今日の映画レビュー.comでは、『阪急電車』をご紹介しま す。

「阪急電車」は、私のよく使っていた関西を走る電車で、その今津線である西宮北口駅から宝塚駅までの中で起こる日常を描いたものです。婚約していた彼氏に浮気された女の人が見知らぬ通りすがりのおばあさんに電車の中で話を聞いてもらったり、DVの彼氏から逃げられない大学生、関西学院大学よくに憧れて受験を目指す高校生、見た目とギャップがあるカップル、言いたいことが言えない主婦、そしていじめにあっている小学生の女の子 …それぞれが主人公でありみんな阪急電車を利用しています。いろんな人が生きていていろんなことに悩んでる、そんな中での人とのちょっとした優しさや出会いが自分を強くするのだなぁと思いました。現在は、私たちは人との距離をすごくとっていて、それはある意味良いのかもしれないけど悪くもあります。電車の中で、たまたまあった人が優しく声をかけてくれて、悪い気がする人はいないでしょう。見終わったあとには、人と人が関わることがこんなに素晴らしいことなのか、出会いは奇跡なんだなぁとすごくほっこりできる、そんな作品です。私がよく利用していた駅が沢山出てくるので、懐かしかったです。特に、甲東園や関西学院大学は、私の母校であり4年間ずっと通い続けた場所でもあったので、一緒に見た彼氏も関学出身なので懐かしいねと話ながら見ました。

本日ご紹介させていただいた『阪急電車』ですが、 『ファミリー』『阪急電車にゆかりのある方』に是非お勧めしたい映画でした。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

return top