2012

2012

今日の映画レビュー.comでは、『2012』をご紹介します。

2012年、地球は滅亡する・・・。マヤの予言では、2012年12月末にマヤ文明の暦は終わりを告げている。これは、人類滅亡説としてもニュースに取り上げられてたりする。
ある日、インドの地中深くの研究施設で異常な数値を計測した。それは、地球の中核の熱が異常に上昇していた。それが滅亡の始まりであった。しばらくしてからアメリカの西海岸で地震が多発し、地割れも起こっていた。しかし、人々は、それが地球滅亡への前兆とは知る由もなく日常の生活を過ごしていた。。。
人類の存続をかけた世界規模の巨大プロジェクト、家族の絆、人間の奔走をからめた、ヒューマンパニックムービー!

映像の迫力、人間模様、絆がうまく表現されていて楽しめました。しかし、ストーリー展開としては、結構ベタな展開です。ま、それが逆に何も考えずに楽に観れましたけどね(笑)最後のほうは、一人の命の為に人類を絶滅させるのかよという展開があって、イライラするところもありますが、全体として、楽しめる映画です。ま、純粋な娯楽映画かなと思います。但し、この映画には、地震や津波の映像があるため、気分を害される方がいらっしゃるかもしれません。私も東日本大地震を経験しているので、あの時を思い出して気分が滅入った部分もありました。

本日ご紹介させていただいた『2012』ですが、『ファミリーな方』に是非お勧めしたい映画でした。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

return top