ALWAYS3丁目の夕日’64

ALWAYS3丁目の夕日’64

今日の映画レビュー.comでは、『ALWAYS3丁目の夕日’64』をご紹介します。

『ALWAYS3丁目の夕日’64』は、同シリーズの3作目。前2作のストーリーを踏襲していますが、前のストーリーを知らずに見ても、すぐ作品の世界観に浸ることができます。古き良き時代の夫婦を演じる堤さん、薬師丸さんが秀逸です。頑固一徹おやじに付き添う優しい妻という典型的な日本の夫婦ですが、心が温かく、周りの人々を笑顔にさせます。また、堀北さんも昭和の少女という感じで、清純で可愛らしいひたむきな女性にぴったりです。さらに、吉岡さんと須賀君の親子関係。自分を追い抜く才能を見通し、義理の父親が、獅子が千尋の谷に子を落とすがごとく、厳しい世間に子供を追い出すさまは、涙なくしては見られません。そこに小雪さんがそっと助け舟をだし、見ている方もほっとします。とにかく、俳優陣がそれぞれ適役です。また、風景も昭和30年代を模したもので、年配の人々には郷愁をそそるでしょう。ご近所皆でテレビを見て、皆で笑って拍手喝采するなんて時代があったのが不思議なぐらいです。今では、まったく見かけない風景です。けれでも、もう失ってしまった人情や情緒を思い起こさせ、人々に感動を与える名作です。ネット時代の希薄な人間関係に生きる私たちだからこそ、見るべき作品ではないでしょうか。
本日ご紹介した『ALWAYS3丁目の夕日’64』ですが、年齢性別を問わず、すべての人々に是非お勧めしたい映画でした。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

return top